大荒れの夏競馬も大丈夫!
arrow-red.gif 【小倉記念】“小倉の鬼”登場!!陣営自信の1頭は…
arrow-red.gif 買うのは3頭!!『2頭出しのあの陣営に…』◎○▲無料公開!!

2009年05月09日

上がり馬とは?

■上がり馬

上がり馬(あがりうま)とは、競馬において、急激に力をつけて下級の条件戦から格上の条件へと勝ち上がってきた競走馬のことである。

具体的には、実力を付けてトントン拍子に上級に昇格したり、低迷していたがある時期を境に好成績を収めるようになった競走馬のことを指す。

日本の競馬では「夏の上がり馬」という用語がある。
これは夏季開催を経て力をつけ上級のクラスに昇格し、秋のG1戦線で活躍を見せた競走馬のことである。

特に三歳クラシック三冠競走において、春の二冠(皐月賞、日本ダービー)に出走が叶わなかった下級条件馬が、夏競馬で実力をつけて勝ち上がり、そのままの勢いで最後の一冠・菊花賞に出走して好走する例が多く見られる。


■代表的な上がり馬
※馬齢は現在の表記である。


【アカネテンリュウ】
1969年の菊花賞馬。3歳春季までは下級馬であったが、夏の函館開催から『戦後最大の上がり馬』と形容される急成長し、その年の菊花賞を制す。

【メジロマックイーン】
1990年の菊花賞馬。3歳春季までは骨膜炎の影響などで結果が出ず下級に甘んじていたが、夏季に準オープンまで勝ち上がった。

菊花賞は重賞初出走で、出走回避馬が出たおかげで賞金不足ながら出走にこぎつけたが、これを制す。

【マヤノトップガン】
1995年の菊花賞、有馬記念の優勝馬。デビューしてから3歳春頃までの7戦はダートの競走に出走していたが2勝しかできなかった。

8戦目で初めて芝の競走で好走してから徐々に本格化し、秋は神戸新聞杯と京都新聞杯で2着に入った後、菊花賞と有馬記念を連勝する。

【マチカネフクキタル】
1997年の菊花賞馬。夏の福島競馬を経て力をつけ、秋は神戸新聞杯と京都新聞杯と重賞を連勝、勢いそのままにその年の菊花賞を制した。

【ヒシミラクル】
2002年の菊花賞馬。初勝利まで実に10戦を要したが、その後は条件戦を勝ち上がり、神戸新聞杯6着を経て出走した菊花賞を10番人気で制する。

【オウケンブルースリ】
2008年の菊花賞馬。デビュー3戦目で初勝利を挙げるとトントン拍子に勝ち進み、神戸新聞杯3着で菊花賞の出走権を手にする。

本番では1番人気に推され期待に応えて優勝。

ウィキペディア(Wikipedia)



posted by カワセ at 17:58| 上がり馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。