大荒れの夏競馬も大丈夫!
arrow-red.gif 【小倉記念】“小倉の鬼”登場!!陣営自信の1頭は…
arrow-red.gif 買うのは3頭!!『2頭出しのあの陣営に…』◎○▲無料公開!!

2009年07月09日

第14回プロキオンS(G3) 上がり馬ドルチェ絶好調!

“格言”通りの走りを見せる!
夏の阪神開催のファイナル重賞・プロキオンSは、トーホウドルチェから目が離せない。
上昇度は著しく、デキは絶好。メンバー随一の勢いを武器に、重賞初制覇にチャレンジだ。

“夏は牝馬”“夏は格よりデキ”。競馬の世界にあるこの2つの格言に、今のトーホウドルチェはピタリと当てはまる。


「調子はいい意味で変わりない。前走もそうだったけど、体調が本当にいい。水曜(8日)の最終追い切りをサッとやれば調整はもう十分」
中1週の競馬でも気配は上々。岡元調教助手が声を弾ませた。

デビュー当初から期待を背負っていた。
「上(オープン)まで行くと思っていた」と岡元助手は証言する。

脚元の関係で大事にレースを選んできた。素質があるからこそ、焦らず、無理せず…。

その配慮がドルチェを完全に軌道に乗せた。

「馬が充実している。よくカイバを食べていて、レース使うたびに体が大きくなる感じ」
田島良調教師も近況の良さに目を細める。

今回と同じ舞台の安芸Sを2馬身差で完勝。
降級となった1600万下では、力が違っていた。

「強いわ、この馬。動きが柔らかいし、脚の回転がメッチャ速い」
手綱を握った岩田康騎手(今回は和田騎手)も素材の良さを大絶賛。
名手のセリフだからこそ、重みが増す。

1400メートルの距離にも十分にメドが立った。大きな収穫を得たことで、前走後すぐに陣営は重賞挑戦を決めた。

2走前の栗東Sでは小差の3着。オープンクラスでも実績を残しており、昇級は形だけ。

岡元助手も「レースを覚え、控えることができるようになったのが大きい。54キロの斤量はいいし、楽しみはあると思う」と色気たっぷりにいう。

4戦して3勝3着1回と十八番の阪神ダートコース。
有力視される馬とは負担重量の差もある。最盛期に入った4歳夏。
絶好調の牝馬が、一気にタイトルをも手にするか。
(サンスポ)



無料予想サイトだが侮れない的中率!
ウマセン完全無料では名の知れているこのサイト!
無料の会員登録だけでサイト内のコンテンツが全て利用できるから驚き。もちろん予想を見るのもタダ!
予想はコンピュータで行っており、メディアの情報や競馬ファンの過剰人気に左右されずに、当てる買い目だけを公開してくれている。
posted by カワセ at 19:05| プロキオンステークス(G3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

第58回ラジオNIKKEI賞 10年傾向

■ラジオNIKKEI賞10年傾向

▼条件戦組が好走
⇒前走クラス別成績条件戦[7・6・6・75]
オープン[3・4・4・55]
連対数・率ともに条件戦組が上回っている。 

▼前走距離に注目
⇒前走距離別成績同距離[2・4・5・22]
今回延長[3・3・2・67]
今回短縮[5・3・3・32]

該当馬は今回延長が多いが、連対率は1番低い。

▼人気馬の過信禁物
⇒人気別成績
1番人気[2・0・1・7]
2〜5番人気[5・4・3・28]
6〜10番人気[3・5・3・39]
馬連50倍を越える年が5回と波乱傾向にある。



今回のラジオNIKKEI賞の注目馬は
6枠12番 スーパーシズクンですね。

前走は古馬相手に福島1800mで鮮やかな逃げ切り勝ち。
斤量も52キロ、重馬場にも対応できるんじゃないでしょうか。期待!


無料予想サイトだが侮れない的中率!

ウマセン完全無料では名の知れているこのサイト!無料の会員登録だけでサイト内のコンテンツが全て利用できるから驚き。もちろん予想を見るのもタダ!

予想はコンピュータで行っており、メディアの情報や競馬ファンの過剰人気に左右されずに、当てる買い目だけを公開してくれている。末永く完全無料で運営してもらいたいサイト。



posted by カワセ at 19:19| ラジオNIKKEI賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

第58回ラジオNIKKEI賞(G3)全18頭 直前情報

1枠−1−ワシャモノタリン
「今日は馬場が悪かったが、ラストまでしっかりした脚取りで走ってくれたし、状態はいいよ。
ここにきて力を付けてきていることは確かだし、52キロのハンデを生かせれば」(谷調教師)

距離はもう少しあった方がいいタイプ。相手も強化された今回は厳しいかも。


1枠−2−ケイアイドウソジン
「勝った後も好調を維持している。むしろ成長していると言ってもいいくらいだよ。
馬場状態は問わない馬だし、この相手でもヒケはとらないと思う」(田村調教師)

転厩2戦目でアッサリと勝ち、能力は確か。前々で立ち回れる有利さを生かせばここでも遜色無し。


2枠−3−ストロングリターン
「追い切りの動きは良かったし、ハミを替えたことで口向きの悪さもここにきて解消されてきている。
折り合いにも進境が窺えるし、ハンデ差もあるので、ここで好結果を出し、秋に備えたいと思っている」(堀調教師)

マイル前後がベストかもしれない。今回は距離延長がどう出るかだろう。


2枠−4−モエレエキスパート
「ローテーションの狂いはあったが、その後は順調に乗り込み息の入りもいいし、デキに不安はないよ。
荒れ気味になってきた今の馬場も歓迎だし、発馬を決めれば」(奥平調教師)

弥生賞3着の成績は軽くは扱えないが、その後の皐月賞が惨敗。まだ掴みにくい面があり、今回が試金石か。


3枠−5−ドリームハッチ
「追い切りの動きは良かったよ。前走は相手が強かった感じは否定できないが、今回はハンデ戦だからね。
ただダートに良績があるので芝ではある程度時計が掛かって欲しいね」(二ノ宮調教師)

どちらかというとスピードよりパワータイプ。良馬場では?も渋れば。


無料予想サイトだが侮れない的中率!

ウマセン完全無料では名の知れているこのサイト!無料の会員登録だけでサイト内のコンテンツが全て利用できるから驚き。もちろん予想を見るのもタダ!

予想はコンピュータで行っており、メディアの情報や競馬ファンの過剰人気に左右されずに、当てる買い目だけを公開してくれている。末永く完全無料で運営してもらいたいサイト。




3枠−6−グローリールピナス
「放牧明けになるけど、元々が仕上がりの早い馬なので太目はないよ。
今回はハンデ差があるし、この利を生かせれば……の気持ちはあるけどね」(芝崎調教助手)

どちらかというとマイルまでが理想といえるタイプ。51キロは魅力だが距離が微妙。


4枠−7−サトノロマネ
「前走後は短期放牧でリフレッシュ。距離短縮はプラスだと思うし、
ハンデを考えればそれ程差はないんじゃないかと思う」(国枝調教師)

距離短縮は好材料だが、このメンバーに入るとワンパンチ不足かも。


4枠−8−メイショウコウセイ
「余裕残しでこれだけの時計が出るんだから体調は間違い無くいいと思う。
今回は相手が強くなるけどハンデ差があるし、どこまでやれるか楽しみはあるよ」(池添調教助手)

前走の末脚は見事。小回りのこの距離でもあの脚を使えるかどうかだけ。続きを読む
ラベル:ラジオNIKKEI賞 G3
posted by カワセ at 21:26| Comment(0) | ラジオNIKKEI賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。